このサイトは2017年10月に更新しました

産後のアソコ黒ずみが気になる!おすすめの美白クリーム

妊娠、そして出産、女性にとっては人生の一大イベントのうちの一つです。
赤ちゃんをこの腕に抱いたとき、ほんとうに女に生まれて良かった、幸福の絶頂!でも、子育てが始まると、ドラマチックな意味での幸福感は落ち着き、日々の不満がふつふつわき起こるようになります。そんなとき、ふと気付いてよく見ると、身体のあちこちに黒ずみが・・・。 女性としては恥ずかしく、他人には相談しにくいので、あまり耳にしませんが、産後の黒ずみに一人で悩む女性は意外に多いようです。

 

例えば、最も多いのが妊娠線。ストレッチマークといいます。急激な体重増加だけでなく、肌の乾燥や表皮細胞をつなぐエラスチンや真皮のコラーゲンの変化の影響です。腹部や太腿からおしりにかけて毛細血管の色が透けてピンクや赤紫色に変色、産後には白い跡が残ります。皮膚が裂けてできた線は色は薄れても治ることはありません。
わたしはお腹の妊娠線だけでしたが、あちらこちらで、身体中の、産後の黒ずみが悩みだと聞きます。主な原因は、ホルモンバランスの崩れです。妊娠中、胎児の成長のために、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に増えます。それらはメラニン色素を増やす働きもあり、それで色素沈着が

 

起こりやすくなるというこです。これが産後の黒ずみの原因です。

 

身体のどの部分に黒ずみができやすいかというと、例えば、

 

  • 正中線・・・おへそを通って縦に伸びる黒っぽい1本線。
  • 顔のシミ・そばかす・・・この時期に紫外線ケアを怠るとシミやそばかすが増えます。
  • 肝斑・・・シミの一種でほおやこめかみなどに左右対称にできます。妊娠性肝斑の多くは産後1〜2か月で薄れていきますが、そのまま普通の肝斑に変化することもあります。
  • 乳頭・ワキ・外陰部の黒ずみ・・・デリケートゾーンの黒ずみ、ワキや乳首、外陰部はメラニン色素がもともと多くあるので、黒ずみやすいと言われます。

つまり、黒ずみの正体はメラニン色素の沈着であり、原因は妊娠によるホルモンバランスの崩れとわかったところで、さあ、対策です。

 

 

産後の黒ずみを消すのに最適なクリームはあるでしょうか。

 

ホルモンバランスの崩れは、産後、徐々に内分泌が整って正常に戻ります。でも、妊娠しなくても、もともとシミやそばかす、肝斑やデリケートゾーンの黒ずみは気になっていたのではありませんか?もはや赤ちゃんではないのだから、肌は黒ずむのは経年劣化、しかたないとあきらめていたのでは?
いいえ、ケアによっては美しいピンク色の肌を取り戻せるかもしれません。挑戦してみませんか?「ブラジリアンワックス脱毛サロンIbiza」という脱毛専門のサロンがあります。

 

肌ケアのプロが黒ずみに使っているのが『薬用ブラジリアンイビサクリーム』というクリームです。
植物由来の4種類の成分がメラニンを分解し、8種類もの保湿成分で肌を再生し易い環境に整えます。病院の皮膚科で使用される肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2K、シミや肝斑に効くトラネキサム酸を配合し、今ある黒ずみを消して、今後のメラニン沈着を予防します。

 

健康的にピンク色になった肌を維持する効果があります。

 

その効果に満足した体験者の口コミによって評判になり、テレビCMも、市販もしていないのに広まりました。体験者の96%が成果に満足していると使用後のアンケート調査でわかっています。

 

イビサクリームはネットの公式サイトで注文すれば、B5版の簡素な白い封筒にクリームと説明書、返金保障制度の説明書だけが入って、郵便受けに直接届きます。
『医薬部外品』で薬用クリームです。化粧品より薬効が確かですが、医薬品ほど刺激が強くなくて副作用の心配がありません。

 

高品質の原材料、徹底した安全管理の下、国内工場で製造されています。では、他の企業の同室のクリームと比較してなぜこんなに安いの?安いから必ずしも品質が悪いわけではありません。
イビサクリームは、最低限の印刷物に簡素な包装、箱すらない、流通ルートを合理化して徹底的に無駄な経費を削ることに力を注いでいます。

 

イビサクリームが低価格で顧客が継続し易いのは、企業努力の結果です。

産後,黒ずみ


産後,黒ずみ